公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス

What's New

2016年11月30日
【加筆:装備移転と知財保護】NEW

%E7%9F%A5%E8%B2%A1%E4%BF%9D%E8%AD%B7%EF%BC%92.png = ツールとしてのNATOカタログ = わが国は防衛装備品の海外移転を積極的に進めているが、これら装備品に纏わる技術情報等流出防止策や、知財保護戦略の検討も合わせて行うことが、さらに必要である。そこで今や世界標準となったNATOカタログ制度(以下NCS)への取り組みをより一層強化することで、装備移転と知財戦略を同時に進めていくことが喫緊の課題である。そこでこの春、当ブログにおいて装備移転と知財保護の観点でNATOカタログを解説したところ、大変好評であった。そこで今回は、先ごろ某機関紙に掲載された内容を改めて抜粋して解説する。(DCメール 2016年12月1日 No.426)

2016年11月15日
【ASSISTクイック・サーチ】NEW

QuickSearch.jpg 弊社MILスペック・サポートサービスのご紹介 ASSISTクイック・サーチ(http://quicksearch.dla.mil/)は、米国防総省(DOD)が公開するMILスペック最新版の無料公式サイトです。2005年に、弊社はDODがMILスペックの公式サイト「ASSIST」を強化した際、防衛省を始めとする、わが国の防衛産業界にその利用促進を図り、それまで有償であったMILスペックの無料配布を実現させました。しかしMILスペック・ユーザにとっては、便利になった分、他の面でいろいろ支障をきたしていることがわかりました。弊社はMILスペック・ユーザ向けに新たなサポート・サービスを展開することで、これらの支障を少しでも軽減させる努力を継続しています。今回は弊社が提するこれらのサポート・サービスについて改めて紹介いたします。(DCメール 2016年11月15日号 第435号)

2016年10月31日
【NSNの取り組み方】NEW

NSN%20Guide%20Book.jpg ―NSNガイドブックにみる米国の取り組み方― 現在、NSNは世界各国が採用し、国際標準の物品番号体系となったが、元々は1952年に米国で初めて誕生した。その後、NSNは欧州各国に広まり、現在では世界の63か国で採用される国際標準として防衛装備品の共通番号体系となったのである。米国ではNSNをNational Stock Number(ナショナル物品番号)と呼びNATO諸国ではNATO Stock Number(NATO物品番号)と呼んでいるが、その概念は共通しており同じである。そこでNSNへの取り組み方を研究するわが国として、米国によるNSNガイドブック(脚注)を元に解説したので、参考にしていただきたい。 (DCメール 2016年11月1日 No.424)

>> 一覧

2016年11月30日
【加筆:装備移転と知財保護】NEW
2016年11月15日
【ASSISTクイック・サーチ】NEW
2016年10月31日
【NSNの取り組み方】NEW
2016年10月16日
【MILスペックの基礎知識】(保存版)NEW
2016年10月01日
【(解説)装備移転のカギ握るNATOカタログ】NEW
2016年09月15日
【SAE J1711(翻訳版)】NEW
2016年09月01日
【装備移転と企業の海外戦略】NEW
2016年08月14日
【MILスペック認定品の基礎知識】NEW
2016年07月31日
【SAE MOBILUSの10大特長】NEW
2016年07月15日
【装備移転とNSN】NEW
2016年07月01日
【NATOから見たEUと英国の離脱】NEW
2016年06月15日
【中国の航空技術の現状と将来】NEW
2016年06月01日
【SAE MOBILUS(モビラス)】NEW
2016年05月13日
【第15回PACSマレーシア会議】NEW
2016年05月01日
【HA/DRとNATOカタログ・システム(NCS)】NEW
2016年04月15日
【CAGEコードの注意点】NEW
2016年04月02日
【PUBLOG FLIS & NMCRL】NEW
2016年03月16日
【DOD装備品認定プログラム】NEW
2016年03月01日
【知っておくと便利】NEW
2016年02月15日
【防衛装備品の海外移転と知財保護】NEW

>> 一覧

2011年05月27日
【最新情報】AWS-D17.1/D17.1M:2010発行のお知らせ
2010年08月16日
【ニュース&コメンタリー】F-35に見るPBL政策
2010年04月29日
【調査レポート】MILスペック改訂に関する調査事例集
2010年03月01日
NCS加盟について
2010年01月14日
FLISデータ照合による問題発見と優先装備品の取得
2009年07月05日
PRI-QPL-AS85052が2010年6月に発表予定。
2009年06月28日
F-22の日本輸出に揺れる米国の思惑(最新版)
2009年05月17日
NCB設立に向けてーを読んで。
2009年03月05日
NATO版WebFLISの最新バージョンが登場!
2009年01月16日
WebFLISの知識⑧―急速に広まるグローバル・ロジスティクス(兵站)
2008年12月24日
WebFLISの知識⑦―FLIS等に見る装備品の価格情報
2008年12月22日
【要約 FLIS(フリス)】
2008年12月22日
WebFLISの知識⑥―国際共通語となったNSN 
2008年12月15日
WebFLISの知識⑤―GSA、もうひとつのカタログ調達制度
2008年11月23日
WebFLISの知識④―PACSと近隣諸国の兵たんシステム
2008年11月16日
WebFLISの知識③ーグローバル・ロジスティックス(兵站)への架け橋
2008年11月09日
WebFLISの知識②ーWebFLIS(ウェブ・フリス)と取り巻く環境
2008年10月28日
WebFLISの知識①ーFLIS(フリス)の基礎知識
2008年06月22日
【DOD改訂予報】MIL-DTL-53039が8月に改訂の見込み
2008年06月22日
【ニュース&コメンタリー⑧】 米国連邦カタログ制度とFLIS