公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス

What's New

2018年06月23日
今、重要視される国際的な公知規格・スペックの運用支援NEW

2017PACS.png      今、日本が正式導入するNATO装備品システム(NATOカタログと言う)の運用アドバイザーとして、弊社は管轄官庁や製造メーカを支援しています。日本は防衛装備品の輸出入管理体系を国際的な枠組みであるNATO規格等に準拠していきます。また弊社は、かねてより民間企業が運用する公知規格やスペックについても、最新版を常時モニターし、改訂されるたびに内容を精査し、またユーザからの調査依頼により製品に反映させるなどの支援を行ってきました。これら国際的な国家規格や公知規格等を通して、日本は諸外国とのシステム共有化や自社製品との結びつけを、より一層強化させることが重要であると考えています。 (写真はNATOのHPで紹介される、昨年東京で開催し弊社も参加したNATO装備品会議から)

2018年01月08日
【企業コンプライアンスと海外規格サービス】

SDO.jpg ー1件からのインターネット・サービスー 海外規格を利用する企業にとって誠に厄介な問題があります。当たり前の話ですが、規格を購入すれば、必ず複写制限や使用制限などが求められます。企業コンプライアンスが求められる現在、企業ではどのように対応しているのでしょうか。規格の利用は企業規模や業種によってさまざまですが、弊社の調査では少ない場合でも数十件、千件以上も利用する企業も少なくありません。現在では、規格のインターネット・サービスがあり便利ですが、規格団体毎に料金がかかるために、少量多種を必要とする企業は、予算的にも現実的ではありません。今、このような企業の悩みを解決するために新しいサービスが始まります。(DCメール 2018年1月15日 No.451)

2017年12月02日
【FED-STD-595をご利用の方に】

AMS-STD-595.jpg ー最新版:SAE AMS-STD-595をご利用くださいー FED-STD-595(カラースタンダード)は2017年2月14日に廃止され、現在はSAE AMS-STD-595に置換わっています。( 最新版はAMS-STD-595A) これによりFED-STD-595は使用できなくなりました。旧色見本であるFED-STD-595のカラーチップやカラーデッキは早めにSAE AMS-STD-595に切り替えましょう。 AMS-STD-595を編纂するSAEによりますと、旧版の色見本は、変色や色落ちなど最新版AMS-STD-595に準拠していないため、コンプライアンス上の問題が発生する場合があります。(DCメール 2017年12月1日 No.450)

>> 一覧

2018年06月23日
今、重要視される国際的な公知規格・スペックの運用支援NEW
2018年01月08日
【企業コンプライアンスと海外規格サービス】
2017年12月02日
【FED-STD-595をご利用の方に】
2017年11月09日
【NATO太平洋地域物品便覧システム会議の東京開催】
2017年11月01日
【SAE Mobilusのオープン化】-Soft Paywallへ移行ー
2017年10月21日
【PRFスペックは成果主義のMILスペックである】
2017年10月02日
【試験規格MIL-STD-810】
2017年09月03日
【新・MILスペックの常識】   
2017年08月22日
SAE MOBILUS【第2弾: 先端製造ナレッジ・ハブ】の登場!!
2017年08月15日
【MIL-STD-810G(1)の常識】
2017年08月02日
【公知規格管理について】
2017年07月20日
【(廉価版)数量限定SAE MOBILUS】
2017年07月01日
 【新登場】 AMS-STD-595A カラースタンダード 
2017年06月11日
【新登場ーサイバーセキュリティ・ナレッジ・ハブ】
2017年06月04日
【企業から見た装備品輸出】
2017年05月15日
【メーカ保護戦略とNATOカタログ制度】
2017年05月01日
【MILスペック品の認定】
2017年04月15日
【クルマのサイバーセキュリティー・ハブ】
2017年04月01日
【INACTIVEスペックに対する考察】
2017年03月14日
【MILスペックの常識】

>> 一覧

2011年05月27日
【最新情報】AWS-D17.1/D17.1M:2010発行のお知らせ
2010年08月16日
【ニュース&コメンタリー】F-35に見るPBL政策
2010年04月29日
【調査レポート】MILスペック改訂に関する調査事例集
2010年03月01日
NCS加盟について
2010年01月14日
FLISデータ照合による問題発見と優先装備品の取得
2009年07月05日
PRI-QPL-AS85052が2010年6月に発表予定。
2009年06月28日
F-22の日本輸出に揺れる米国の思惑(最新版)
2009年05月17日
NCB設立に向けてーを読んで。
2009年03月05日
NATO版WebFLISの最新バージョンが登場!
2009年01月16日
WebFLISの知識⑧―急速に広まるグローバル・ロジスティクス(兵站)
2008年12月24日
WebFLISの知識⑦―FLIS等に見る装備品の価格情報
2008年12月22日
【要約 FLIS(フリス)】
2008年12月22日
WebFLISの知識⑥―国際共通語となったNSN 
2008年12月15日
WebFLISの知識⑤―GSA、もうひとつのカタログ調達制度
2008年11月23日
WebFLISの知識④―PACSと近隣諸国の兵たんシステム
2008年11月16日
WebFLISの知識③ーグローバル・ロジスティックス(兵站)への架け橋
2008年11月09日
WebFLISの知識②ーWebFLIS(ウェブ・フリス)と取り巻く環境
2008年10月28日
WebFLISの知識①ーFLIS(フリス)の基礎知識
2008年06月22日
【DOD改訂予報】MIL-DTL-53039が8月に改訂の見込み
2008年06月22日
【ニュース&コメンタリー⑧】 米国連邦カタログ制度とFLIS